USABMX Grands レポート パート1

The Greatest race on earth
先週末アメリカ・オクラホマ州タルサという小さな田舎町で開催された、USABMX主催Grands大会から帰国しました。
「地球上最大のレース」と呼ばれる理由、参加者が感じたこと、そして世界トップクラスの選手を生み出す要素をお伝えしたいと思います!
まずはパート1、大会の大きさ、そして戦い抜くために欠けているもの振り返りましょう。

Photo : YN Lens

Photo : […]

Read more...

2016ジャパンシリーズ広島大会

2016 JBMXFジャパンシリーズ第6戦 広島大会
日時  2016年11月13日(日曜日)
主催  JBMXF(一般社団法人全日本BMX連盟)
場所  広島県安芸高田市・土師ダムBMXトラック
天候  晴れ/曇 19度  コースコンディション ドライ
皆さんこんにちは三瓶マサです!
2016年国内シリーズ最終戦へ参戦のため、広島へ行ってきました!
前回秩父大会から3週間があり、各選手程よい調整期間で挑んだ最終戦。
僕自身はイベントや、ユース強化合宿のためバイク練習はできませんでしたが、ジムトレーニングメインで挑む新たな試みだったので、身体の反応と結果を楽しみに会場入り。
朝はすごい霧で冷え込んでいましたが、練習走行と同時に晴れ間が広がり、絶好のレース日和!
総エントリー数は139名、西開催のため関東地方からの参加が少なかったことは残念ですが、各クラス最終戦にふさわしいナイスレースばかりでした!

Photo : Yuichi Masuda

三瓶将廣(#79)がシーズン初の表彰台
前回秩父大会に続き、予選12人2組で争われたエリートクラス。
両組ともハードな組み合わせでしたが、順調に勝ち上がり決勝レースへ。
昨年は欠場したものの、2年前、3年前の広島大会は優勝しているので、自分の中でも相性の良いコースとして自信を持ってスタートゲートに入ることができました。
前回大会優勝の吉村選手と、リオ五輪代表の長迫選手のトップ争いを予想し、そこの戦いを味方につけたいというのが正直な心境でレーススタート。
少しタイミングが遅れてしま、さらに第1バームのインの締めが甘く、3位で1コーナー立ち上がりで3位。
その後はラインをコントロールすることに集中して、今シーズン初の表彰台でレースを終えられました!
ベストな1周ではなかったけど、勝負の楽しさを感じる1レースでした!

Systematic BMX古幡陵介も、予選では長迫選手についで2位を走るなど、安定して今季2回目決勝進出を決めました。
レースは5位で終えましたが、来シーズン繋がる大会にしてくれているでしょう!
エリート男子優勝は長迫吉拓選手、準優勝は吉井康平選手でした。
CHASE BMXに乗る吉村樹希敢選手は、スタート直後の接触により遅れ、残念ながら連勝ストップ。
動画は全決勝レースライブ映像です。 (JBMXF Facebookページより)

吉村樹希敢選手(#27)が年間シリーズチャンピオン獲得
CHASE BMXをサポートする吉村選手が、JBMXF年間シリーズタイトルを獲得しました!
5月のアジア選手権大会優勝から始まり、7月の全日本選手権大会優勝、そして今回のタイトル獲得、キャリアハイライトとなる2016年シーズンとなりました。
吉村選手は、2週間後11月24日から始まるUSABMX […]

Read more...