2017BMX World Cup第3−4戦 ベルギー大会

先週末開催されたワールドカップ第1−2戦オランダ大会に続き、今週末はお隣の国ベルギーにて第3−4戦が開催!
今大会会場であるゾルダー・サーキット内BMXトラックは、2015年世界選手権大会開催会場でもあり、その後も毎年ヨーロピアンカップが開催される常設のSXタイプコース。
天候にも左右されやすいコースであるが、今大会もどんなドラマと日本チームの活躍が見られるでしょうか!

第1−2戦を終えての#BMXTEAMJAPAN
第1−2戦の日本チームの結果は、トラック競技へ取り組み新たなオフトレに挑戦した長迫吉拓選手が男子最高位の20位(準々決勝)でフィニッシュ。 その他アメリカにて数ヶ月のトレーニングを積んできた吉村樹希敢選手も、集団の先頭を走るなど、個々のスピードはレベルアップしていた。
女子は畠山紗英選手が両日共に準決勝へ進出し、日本チームにとっては過去最高リザルトとなった。
これまでと大きな課題は同じであり、集団の中での判断能力やポジション取りが決勝進出へのカギとなるであろう。
他国の選手も同様ではあるが、実践を繰り返し行えることにより、これまでの単発レースと違ってすぐ改善点を挑戦できることは、日本チームにとって大きなレベルアップへと繋がるであろう!
日本チーム詳細リザルト
オランダ大会前にも今大会会場にて事前練習を行い、コースへの不安要素は最小限に抑えられているため、スピーディーなレース内容への対応を行うのみです。

ワールドカップ チャレンジクラス!
今年よりレースフォーマットが新しくなったスーパークラスワールドカップシリーズだが、別プログラムとしてユース層(15~16歳)向けのSX8mスタートヒルを使用したレースカテゴリーが新設された。
オランダ大会でも同年齢層の大会が開催され、ベルギー大会ではUCI BMX Supercross World Cup Challenge Classとしてエリートカテゴリーの前後で開催される。
アメリカでもSXオープンと言うカテゴリーが数年前から始まったが、ヨーロッパでも本取組が始まったことで、ユース層のレベル向上を狙えるため、現在ジュニアとエリート層の間にあるギャップが縮まり、よりスムーズなカテゴリー移行が可能になるのではと考える。
その反面、対応していない国はドンドン乗り遅れる一方となる。
早速日本からは、増田優一選手(16歳)と薮田寿衣選手(15歳)の2名が参加となり、本日の公式練習でも同年代とのSXセッションで刺激をもらっていた。
コース以外にも、1~2年後から参戦するであろうワールドカップシリーズを間近で見れることで、各国のエリート選手がどのような準備や対応を行っているかも同時に学べ、いざ参戦するときには物怖じしなくなる。
各国の動向に遅れず、そしていずれはリードする側へ行くことを目指し、明日からのレースも突っ走っていきたい!
大会概要

ライブ放送で日本から応援しよう!
オランダ大会同様、ライブにて現地の映像がチェックできますので、日本からも最新のレース映像をお楽しみください!
時間帯も比較的見やすい時間なっています!
第3戦 日本時間5月13日(土)午後20時30分~
第4戦 日本時間5月14日(日)午後19時30分~

Read more...

2017BMX World Cup第1−2戦 オランダ大会

今年もUCI BMX Supercross World Cupシーズンが始まりました!
オリンピック国別枠選考ポイントが関わっていた昨年とは変わり、各国新たな体制や選手の入れ替わりなど、見どころ満載のシーズン開幕戦ですが、今年からはタイムトライアル制度が廃止されレースフォーマットも一新! そのあたりも含めて大会直前レポートをお送りします!

オランダ、ベルギー、アルゼンチン3会場での戦い!
大きな変更点は2つあり、まずは大会スケジュールがコンパクト化!
これまでは1会場1大会という流れでしたが、今年からは各会場にて2大会開催され(土曜日1大会、日曜日1大会)、全3会場計6大会でシリーズが争われます。
ライダーにとってはタフな面もありますが、同会場にて2大会開催されることで、費用面が半減されるなどのメリットもあり!
今年は第1−2戦オランダ・パペンダル大会の翌週に、車で2時間ほどのベルギー・ゾルダーにて第3−4戦が開催され、1戦分で4大会こなせてしまうというチームにとってもお得なプラン!笑
昨年はアルゼンチン大会の翌週にイギリス大会、1ヶ月後にオランダ大会、2週間後にコロンビアにて世界選手権など、移動だけでも相当な予算が必要だったため、各国からの意見が取り入れられ、よりスマートな大会開催へと変更されました。
来年は5会場での開催を予定しているとのことで、さらに大会数も増えてくることでしょう!

新レースフォーマット、日本チームの見方となるか!
そしてもう1つの大きな変更がレースフォーマット。
まずはじめにラウンド1、ラストチャンス(敗者復活)という呼び名でレースが1回ずつ行われ、単純に各ヒートのトップ4名が次のステージへ進めるという仕組み。
ラストチャンス通過以降は、通常通り1/32決勝、1/16決勝などと続き、決勝までの全てのヒートが上位4名上がりととてもシンプルで単純明快なレースフォーマットへと変更された。
レースも1日で全てが完結されるなど、新たなフォーマットが観戦者にとっても楽しめる内容に変わることが期待される!
今大会は男子176名、女子45名の事前エントリーがあり、男子は過去最多ではないだろうか?
これにより、男子はラウンド1を24組で争われ、まずは上位4名x24組=96名が1/32進出となる。
5位以下の選手はラストチャンスへと周り、ラストチャンスでの上位4名x12組=48名が追加で1/32決勝へ進出となる。
その後1/32決勝から決勝までは上位4名ずつ次へ進出という通常通りのBMXレース。
最大8本走ることになり、タフなレースが予想される。

#BMXTEAMJAPAN!
今年は各国メンバーの入れ替えなどもあり、ジュニアカテゴリーの選手も多く挑戦している。
日本チームも全8名と例年よりは多い参戦であるが、佐宗恭選手や中井飛馬選手などジュニア男子は怪我により参戦を見送る形となった。
新たなオフトレとしてトラック競技を取り入れた長迫吉拓選手や、2ヶ月のアメリカ転戦にて調整を行ってきた現全日本チャンピオンである吉村樹希敢選手も好調で公式練習を終え、新フォーマットも見方につけてレースが楽しみである!
女子は昨年世界選手権大会ジュニアカテゴリーにて4位を獲得している畠山紗英選手が、第1バーム手前のビッグトリプルをクリアするなど、コースに順応している姿が印象的であった。 永禮美瑠選手も初挑戦となる。
またスタッフとして我らが古幡陵介コーチが加わり、更なるサポート体制充実への挑戦ともなる。
日本人派遣選手団情報

ライブ放送で日本から応援しよう!
今年ももちろんBMXlive.tvにて現地の映像がチェックできますので、日本からも最新のレース映像をお楽しみください!
時間帯も比較的見やすい時間なっています!
第1戦 日本時間5月6日(土)午後21時~
第2戦 日本時間5月7日(日)午後20時30分~

Read more...

USABMX Grands レポート パート1

The Greatest race on earth
先週末アメリカ・オクラホマ州タルサという小さな田舎町で開催された、USABMX主催Grands大会から帰国しました。
「地球上最大のレース」と呼ばれる理由、参加者が感じたこと、そして世界トップクラスの選手を生み出す要素をお伝えしたいと思います!
まずはパート1、大会の大きさ、そして戦い抜くために欠けているもの振り返りましょう。

Photo : YN Lens

Photo : […]

Read more...

2016 USABMX GRANDS!

2年ぶりのUSABMX Grands参戦!
アメリカ・オクラホマ州、タルサからこんにちは、三瓶マサです。
昨年はお休みしましたが、2013-2014年とSYSTEMATIC BMXとして帯同させてもらっている大会、USABMX Grandsに来てます。
選手としても13歳から6度参加したこの大会は、「地球上最高」のBMXレースとイベントと呼ばれていて、毎年世界各国からトップライダーが集まり1年を締めくくる大会。
参加人数は年々上昇し、昨年は予選が787モト(組)あり、朝7時から始まっても夜10時過ぎまでかかってしまうほどの規模。
土曜日は1日かけて予選1ヒート目を行う、まさにサイズも地球上最大のBMXレース。
 

日本を引っ張る2名、長迫吉拓選手(#993)、吉村樹希敢選手(#27)が参戦!
今回は橋本颯馬選手、庄司佳真選手、永禮美瑠選手3名のユース選手と、長迫吉拓選手、吉村樹希敢選手の日本のトップ男子2名、計5名の選手とともに参戦。
AA-Proクラスに参戦する長迫選手は、17歳以来のUSABMX大会参戦とあり、新しい挑戦への第1歩を踏み出します!
2月にUSABMXナショナルシリーズにてA-Proクラス2位を収めている吉村選手は、A-Proクラスで優勝を狙いたいところです!
別便で数名の日本人選手も現地入りしているので、今年も活躍が楽しみですねー!

ライブ放送で、日本からも「地球上最大」のレースを楽しもう!
今では手軽に世界中のレースがライブで観戦できる時代になりましたが、Grandsは長丁場ですよー!
予選から決勝までで約12時間! そこから決勝が約3時間と、3日間BMX漬けの週末を送れちゃいます!笑
子供のクラスは各年齢ノービス・インターミディエイト・エキスパートと3つのレベルにクラス分けされているので、是非いろんなライダーの走りをチェックしてみてください!
もちろんガールズやおじさんクラス、そして40オーバーのお母さんクラスもあります!
またプロとトップアマチュアを決めるチャンピオンシップファイナルが、土曜日の夜(日本時刻11月27日8時ごろ)に開催されます。
ここはライトアップされ、ショーとして開催されるので、本場のカッコよさを是非見て下さい!
またライブ時刻等がアップされ次第、随時Facebookページ等で更新してきます。

SYSTEMATIC BMXサポートブース設置!
長丁場となる今大会、1ヒート毎の休憩時間が数時間におよぶことも。。。
慣れない場でも選手がリラックスできるう、現地CHASE BMX/TIOGA BMXの協力をえて、今年もブースを設置しました!
その他各メーカーのブースも、このGrandsの醍醐味であり、最新パーツや大規模なピットエリアとなっているので、またタイミングを見て現地から報告していきたいと思います!

Systematic BMX

Yoshitaku 長迫吉拓 […]

Read more...