Compact Bike Race とは?

昨年、プレ大会として取り組みをスタートさせたCompact Bike Race、4月22-23日に第1回大会の開催が決定!
三瓶将廣がこのイベントに込めた思いや狙い、そして魅力を紹介!

もっと気軽に参加できる自転車レースを作りたい!
これまでBMXレースを紹介したくても、実現するために越えなくてはならないハードルがいくつもあった。
例えば、「どこで」BMXレースが見れるんですか?という質問に対して、神奈川県川崎市が拠点である僕には、地元で気軽に紹介できる距離にはBMXレースコースは存在しない。
他にもやってみたいけど「BMXバイクを持っていない」、「ちょっと私には難しいな」など、初心に帰らないと気づかない部分が多く見つかり、それは競技の入り口を狭めている1つの原因なのではと考えるようになった。

Active Kids Festa

しばらく考えていると「BMXレース」という形にとらわれている自分がいることに気づいた。
「FIFAワールドカップ」もサッカー、「Jリーグ」もサッカー、「フットサル」もサッカー、「公園でボールを蹴る」もサッカー。
それであれば、BMXレースをもっと身近にできる方法がある!
距離も300mでなくていい、ジャンプも土でなくてもいい、もっと言えば自転車のジャンルもなんでもいい!
そしてたどり着いた、誰でも簡単に参加できる自転車レースが「Compact Bike Race」

Active Kids Festa

10秒に込めたたくさんの想い!
BMXレースの要素は残しつつ、距離は全長約80m、時間にしたら10秒前後で通常のBMXレースの1/4ほどに縮小。
セクションも「P-Ride」社パンプトラックを使用し、どんな方でも安全かつ楽しめる設計に。
そしてCompact […]

Read more...

佐宗恭 オーストラリア参戦レポート

2017 Australia Training Trip
寒い日々が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日は現在オーストラリアにてオフシーズン最終調整を行っている、佐宗恭からレポートが届いているので紹介していきます。
オーストラリアへは5回目の遠征となる佐宗恭。
2009年世界選手権大会以来ほぼ毎年通い、今では会場でも同世代から「Kyoは来てるか?」って良く声をかけられるまでに。
彼が単身オーストラリアへ渡りトレーニングを行うのはなぜか、そして何を見て、何を学んでいるのか。
また今週末のレース情報とあわせて、是非ご覧ください。

佐宗 恭 Kyo Sasoさん(@kyosaso)が投稿した動画 […]

Read more...

バイク重量チェック

エリートライダーの中で一番軽いバイク、重いバイクを当てる!
長らくお待たせしました、エリートライダーのバイク重量当てクイズの開票です!
7月に開催された全日本選手権大会会場にてアンケートを実施し、結果発表ができてなくゴメンナサイ。。。
会場では46名の方々に投票いただき、2つの組み合わせを当てることにチャレンジしていただきました。
早速ですが結果発表と行きましょう!

Photo : KF

最軽量バイク:阪本章史選手 SPEED CO Velox Carbon!
やはり最軽量バイクは、北京オリンピック日本代表の阪本選手でした!
以前から軽量バイクにこだわる阪本選手は、ボルト1本の重さまでチェックし、小柄な体型でもハイパフォーマンスを発揮できるバイクづくりをしています。
軽さの決め手は今年リリースされた最新カーボンフレームの、SPEED Velox Carbon!
フレーム重量1.2kgと、子供用アルミフレームと同じ軽さになっています!
フレーム設計は数々の名フレームを生み出しているデレック・ベッチャーが手がけており、一見ブランドロゴが目立たないシックなオールブラックデザインも、彼がBMXレース界へ浸透させてきています。
その他は大人用サイズでは珍しい、レンサルのアルミハンドルバーが軽量の手助けをしているでしょう。
アンケートを実施した全日本選手権大会でも3位入賞!
まだまだエリートカテゴリーで活躍するベテラン阪本選手のバイクを、是非会場でチェックしてみて下さい。

最も重いバイクだったのは瀬古祐太選手のHARO Race […]

Read more...